2018年01月27日

1/28ライブ出演!@Hub club 1st Anniversary Party

あけましておめでとうございます。
ギリギリの更新ですいませんが、明日1月28日(日)、いつもお世話になっているNekon Records主催のテクノイベント「Hub Club」に今回も出演させていただきます!
今回はGalcidのプロデューサーとしても名高い斎藤久師さんを筆頭にテクノ界のレジェンドに囲まれてライブいたします。非常に硬派な、テクノ好きには悶絶必死なイベントですので、興味のある方は是非是非お越しくださいませ!!
今回のHAAPの出番は少し早めの19:30からです!是非とも、早い時間からお越しくださいませ!!
Hub club / 1st Anniversary Party
HUB04_1.jpg
HUB04_2.jpg
▼タイムテーブル
19:00 / open〜kentaro ukai
19:30 / HAAP
20:00 / AE35
20:30 / 本間本願寺
21:00 / KING OF OPUS
21:45 / 齋藤久師
22:30 / kentaro ukai
23:00 / end

◆新曲「HAAP feat. Ayup1ko / Weathers
そして、今回のライブではAE35氏とのコラボレーション「Future Japanese」も記憶に新しい、元TEBPのエレクトロガール「Ayup1ko」をゲストVo.に迎え、新曲「Weathers」を初披露します!僕も共に歌う男女混声のツインボーカル極上シンセポップ!最高のコンビネーションをお見せします!今までの自分のポップサイドの経験を集約したHAAP歌モノ最高傑作です!お越しいただける方はお見逃しなきよう、19:30までに是非!!
HAAPxAYUP1KO.jpg
posted by HAAP at 13:14| Comment(0) | HAAP

2017年12月02日

「HARDBOILED」がディスクユニオンにて一般販売開始!

今までヒッソリと個人販売していましたが、この度ディスクユニオンにて取り扱いいただくことになりました!下記店舗でも取り扱い頂いてます!
【新宿・渋谷クラブミュージクショップ、お茶の水駅前店、吉祥寺店、大阪店】
DU_logo.gif
販売ページはコチラ

◆一般流通を記念してアルバムダイジェストムービーを新たに公開しました!楽曲とストーリーがリンクする「THE HARDBOILED STORY」をフィーチャー!


※商品PR文もより分かりやすく一新しました。
hardboiled.jpg
前作「DISCONATION」からの長き沈黙を破り、制作期間4年を経てHAAPが放つ渾身のフルアルバム!
今作では十八番の80sディスコ&テクノポップ・フレーバーに留まらず、自身のルーツの中で取り捨て選択されたあらゆる音楽を内包。
90sテクノ、2000年代エレクトロ~近代EDM、果ては70sプログレッシブ・ロックまで、グルービーかつ強靭なハウスビートにのせて疾走する超大作エレクトロハウスアルバム!
その妥協を排した全曲クライマックスの楽曲群はリピートする度に発見のある、まさにハードボイルド(完熟)サウンド!!
アートワークでは、70年代に流行した大作ロックアルバムをモチーフにパロディー化。
楽曲とストーリーがリンクする簡易コミック「THE HARDBOILED STORY」がコンセプチュアルに華を添える。
国内初となる知る人ぞ知る80年代の日本の伝説的シンセポップデュオJULLANのカバー曲「The River Flowing To Death」収録!
posted by HAAP at 23:28| Comment(0) | HAAP

2017年09月03日

Hub Club 8/27 2017 @Akihabara Cypher

好評を頂いた先週末8月27日のライブの模様を多数インスタグラムにアップして頂いてますので、抜粋してこちらでも紹介させて頂きます。動画提供ありがとうございました!
omote.png

Radioactivity (Kraftwerk Cover)
イベントのお題となったクラフトワーク/放射能のカバー。この曲は音源としては残さずライブ専用として今後もレパートリーに加えていこうと思う。


Confusion
ボコーダーチューンをライブVer.ではハードチューンエフェクトで歌いまくる。上手いとか下手とか関係なく、実際に歌うことがとても大事。


Back to the Shanghai Disco
先月リリースされたばかりのCDをライブでここぞと言わんばかりにアピールw VJ映像のパックマンが素晴らしい!


Shanghai Sea Front Disco 2017 #1
CD4曲目収録、全ての元ネタである「Shanghai Sea Front Disco」を原作者ryuをゲストに迎え演奏。彼とは15年の付き合いになるが、同じステージ上に立つのは今回が初めて。
HAAP : エレクトリックドラム
ryu : オーケストラヒット
この80年代を象徴する変則演奏パートが熱い!!w


Shanghai Sea Front Disco 2017 #2
ライブ感全開。振り付けもありw ryu氏のやらされ感もまた良しw ちょっとドリフっぽいマイクスタンドとの格闘もライブならではのご愛嬌w


Shanghai Sea Front Disco 2017 #3
この曲は超盛り上がった。やはり2人いるとステージの見栄えが全然違う。機会があったらryu氏には是非ともまたサポートをお願いしたいところ。


オーガナイザー田中さん及びVJの方々、共演した沢山の素晴らしいアーティストの皆さん、現場を支えて頂いた秋葉原サイファーのスタッフの皆さん、そして何より観に来てくれた皆様!!
本当にありがとうございました!&お疲れ様でした!m(_ _)m
posted by HAAP at 11:45| Comment(0) | HAAP