2016年01月10日

Everything Everything - Man Alive

everythingeverything.jpg
2010年、キツネの横顔のジャケットが印象的な本作「Man Alive」を初めて聴いたときは、それこそ本当にビックリした。
僕のような曲を作る者の癖として、どうしても他人の曲を聴くと無意識に構成される音を拾って「自分でも出来るか?」などとバカげた比較自問をしてしまうのだが、どうにも自分ではこんな曲を作る引き出しは持ち合わせていない。というか、こんなの無理w とにかく、そのアイデアに満ちあふれた恐ろしくハイレベルな楽曲群には圧倒されっぱなしでした。
計算された作品の密度がとにかくハンパなく、1曲目からこの上ない張りつめたテンションと緊張感を以て、ラストまで一気に駆け抜けていきます。変則的なリズムとリフが生み出すこの緊張感は、例えばYesの超名盤「こわれもの」のようであり(Yesファンには怒られそうだがw)、さらにそこにBloc Partyのファーストアルバムの時に感じたような疾走感とオルタナロックの硬質なキャッチーさが加わり、まるで美しさと狂気が入り交じった絵画のようなオーラを放っています。実に見事。ボーカルも多少癖があるものの、乾いた声質のわりにファルセットが心地よく、世界観の構築に一役買っています。
複雑なポリリズミックなアプローチの曲が多いことから、おそらくプログレッシブロックの影響下にあるサウンドと推測しますが、ともすれば取っつきにくいその要素がキャッチーな骨格に支えられ、良質なポップミュージックに仕上がっている稀な例です。
彼らは現在までに3枚のアルバムを発表してて、後の2作も本作ほどのインパクトはないにせよ、安定して高水準なサウンドを維持しています。どのアルバムもオススメ。
ちなみに彼らはマンチェスターの出身。今も昔も凄い新人が輩出され続けているマンチェスター。いや〜やっぱ凄いね、マンチェスター。

posted by HAAP at 21:11| Comment(0) | Music

2016年01月09日

And One - S.T.O.P.

andone.jpg
テクノ王国ドイツからのニューウェーブバンド「And One」
この記事を書くにあたりウェブで検索してみたのですが、何しろバンド名の単語が汎用過ぎて全然日本語での情報が見つからない。アマゾンでもアルバムが売られているが、レビューもほとんど無し。果たして日本でどの位の知名度があるのか?
とりあえずWikiの英語サイトで情報を調べてみると、活動は1989年から。アルバムも十数枚リリースしておりかなりのベテラン。オフィシャルPVも作られていることから、おそらくドイツ本国では名の知れた存在と推測します(情報不足ですいません)。
そんなわけで彼らのアルバムに精通しているわけではないのですが、たまたまネットで知ったこの「S.T.O.P.」は相当気に入っていて、かなりヘビロテで聴いていました。
そのサウンドはと言うと、もうモロに「Depeche Mode」なんですが、90年代ではなく80年代の彼らのサウンドを強く彷彿とさせます。本家Depeche Modeは4枚目の「Some Great Reward」以降、よりダーク&ディープのマニアックな方向へとシフトしていきますが、このAnd Oneは「Some Great Reward」のポップ性をそのまま受け継ぎ、その音楽性をダークに正常進化させたようなサウンドとなってます。もしDepeche Modeの次作「Black Celebration」がこのサウンドプロダクションで作られていたら、きっと当時の僕は狂喜乱舞していたことでしょう。
アルバムを聴いてみると、とにかく直球のジャーマンサウンドに思わずニヤリとさせられます。もうホントに80s Depecheそのまんまw FM音源の強烈なマイナーコードシーケンスにDAFを彷彿とさせるドラム、そして極めつけはボーカルの渋く響くバリトンボイス。ある意味ひたすらマッチョな実に漢気あふれる楽曲群に思わず何度もほくそ笑んでしまうのですw
全体的に中毒性のある好トラック群ですが、特に自分のお気に入りはM3「Memory」、M7「S.T.O.P. The Sun!」、シングルカットされたM9「Back Home」 特に「Memory」は「Memory Memory〜コーン!」が聴いてて痛快!終始ニヤつきますw
初期Depecheが大好きでまだ未聴の方は、だまされたと思って聴いてみる価値大。きっとハマ(ニヤけ)ること請け合いですよ!

posted by HAAP at 23:43| Comment(0) | Music

2015年12月29日

a-ha - 25:The Collection

a-ha.jpg
あまり興味のない人のa-haの認識は概ね「あ〜テイクオンミー流行ったよね〜」という一発屋のイメージしかないだろう。
しかし僕は声を大にして言いたい!一発屋とは何事だ!と。アメリカのヒットチャートだけが世界のミュージックシーンの中心じゃないんだぞ!と。
実際、北欧のポップミュージックを世界に知らしめた彼らの功績は文化勲章ものだし(事実母国で授与されてる)、リオ・デ・ジャネイロで開催されたRock in Rio IIでは約20万人を動員させ、世界陸上競技選手権大会で公式テーマ曲に選出されたりと、決して80年代に消えた凡百のアイドルバンドじゃないんです。
そんな彼らの25周年を記念してリリースされたベストアルバム「25:The Collection
まさしく彼らの歴史の集大成とも言うべき39曲が余すところなく贅沢に収録されてます。ちなみに自分は輸入盤を買いました。日本盤は収録曲と曲順が違うんですよね。しかも時系列がバラバラで個人的には聴きづらい。ベスト盤は時代時代で音楽性が変わるので、リリース順に聴く方が僕の場合シックリきます。
聴いてみると、言わずもがなTake On Meを筆頭に大ヒット作の1st、北欧ポップの歴史的名盤2nd、Living Daylights含む3rdから抜粋された楽曲群は名曲揃いなのですが、まあここまでは普通のベスト。特筆すべきは実は2000年以降の活動にあたる後半のDisc 2にあります。
散々a-ha推しの文章を書いたにも関わらず、実は自分も4枚目のアルバム以降は彼らから離れてました。80年代から90年代に変わるこの過渡期は、80sなシンセポップバンドが何故かアコースティックに回帰するような流れがあって、大人のパブロックのようなサウンドについて行けず、自然と疎遠になっていました。
そんな彼らの音楽を再び聴くようになったのは2000年に突如として発表された「Minor Earth Major Sky」から。以前よりもさらに北欧テイストが増し、その最たる名曲「Summer Moved On」を狂ったように聴きまくったのがきっかけ。80年代もファンでしたが、一般的にはピークを過ぎたであろう2000年以降の作品で更に好きになったという稀な例です。
その他にも「Lifelines」「Analogue」「Foot Of The Mountain」、いったん活動休止を発表して有終の美を飾った「Butterfly, Butterfly」と実に粒揃いの名曲群に圧倒されます。そう、彼らは依然として現役なのです。過去のバンドじゃないんです。
2010年に地元オスロで行われたラストライブビデオを観ると、彼らがいかにファンに愛されているかが分かります。今年、期間限定ではありますが活動を再開した彼ら。今後のさらなる活躍を祈るばかりです。
ま、僕の個人的主観的希望としては、とりあえず「RoyksoppはVoのモートンとコラボやるべし!」といったところ。



posted by HAAP at 11:12| Comment(0) | Music