2021年02月25日

HARDBOILED制作手記

hardboiled.jpg
hardboiled_fordj.jpg

HAAPアルバム2作目「HARDBOILED」のサブスク化に伴い、このアルバムを初めて告知したこのブログに制作当時のことを書き記すことにする。予め長文になることをご容赦いただきたい。
このアルバムを語るにはまず2年前のこの記事と同じここから書き始めなければならないだろう、、、


HARDBOILEDの前作「DISCONATION」が発売された2007年はJusticeを筆頭にフレンチエレクトロがシーンを圧巻した年だった。強いアタックのビートと過剰なディストーションサウンドによるエレクトロとロックの融合は今までのサウンドとは一線を画し、新たな刺激に溢れ、クラブシーンは新時代を迎えていた。その最中、リリース間もないDISCONATIONのサウンドは既に時代の終焉を迎えてることを僕は直感的に察知していた。

電子音楽がテクノロジーの進化とともに発展していくのは世の常だが、この頃はDAWが劇的な進化を遂げ、それに併せクラブミュージックも急速に進化していく時代だった。高性能なDAWの機能を活かした新たな音楽が次々と生まれ、僕自身今までのハードシンセとHDRによる制作環境での限界を悟り、DAWへの本格的な制作環境の移行を図る長く苦しい冬の期間に入ることになる。

2008年のシンクシンクレコーズのコンピ参加を除き、そこから2011年末までの4年間、僕はHAAPの楽曲を一切発表していない。正確には曲がまったく出来ない状況に陥っていた。曲のみならず今までの漠然としたミックスはDAWでは通用せず、ミックスの基礎から学び直す必要があった。この頃はDISCONATIONの音圧にすら及ばない状態に陥っていた。

フレンチエレクトロのムーブメントも落ち着き始めた2010年頃、僕はdeadmau5やAvicii、Calvin Harrisといった後のEDMブームを牽引する新世代のアーティストの音楽と出会うことになる。彼らが作るサイドチェインを駆使した強いビートときらびやかなシンセによる立体的でエモーショナルなハイファイサウンドの衝撃は今もよく覚えてる。当時の自分には到底作れない完成度の高いサウンドがそこには存在していた。僕はそのサウンドに近づきたい一心でBeatportで楽曲を買い漁り、その音を自分で再現するためにひたすらミックスの試行錯誤を繰り返していた。アルバムに収録されシングルカットされた「Confusion」はこの頃制作した楽曲である。およそ1年の間、ひたすらこの1曲の再ミックスを病的に繰り返す時期もあった。それでも満足のいく音になることはなかった。この当時は音楽制作が楽しいと思うことは殆どなかった。

2012年の春、ProTools LE〜Sonarを経てCubaseにDAW環境が落ち着く頃、今までの努力が実る1曲が完成する。アルバムのオープニングを飾る「Celebrity」である。聴く人の殆どがEDMと認識できるこの曲は、僕が初めて時代(2012年当時)に近づけたと確信できる現在のHAAPサウンドの原点となる曲であった。それはミキシングのノウハウを習得し直し、4年かけてようやくスタート地点に立てた瞬間でもあった。

しかし同時期、そんな音楽制作の前進とは裏腹に僕は人生最大の苦難を迎えることになる。

2011年の東日本大震災、、、その影響は僕の生活にも及び、低迷する音楽活動に加え家計への打撃が追い打ちをかけ、全てが上手くいかなかった僕は当時かなり精神的に荒れていた。そして影でそれを支えてくれてた僕の嫁さんはそのストレスを一人孤独に抱え込み、ストレス性の統合失調症を患ってしまっていたのだ。自分のことに精一杯でそのことに気づけなかった僕の責任と言っていい。あの時の後悔の気持ちは一生忘れない。
8曲目の「Deep Sencitivity」は直訳すると「思慮深き」である。このタイトルは優しすぎる性格ゆえに心を病んでしまった彼女に由来している。

その頃の苦しい状況の詳しくはここでは省くが、病状の一番ひどい時は幻聴による恐怖と被害妄想で自宅にいられず数日二人でホテルを転々とする時期もあるほどだった。世界中から自分たちだけが取り残されたような、まさに絶望感に飲み込まれた漂流の生活だった。生活を立て直すため畑が近くにある小さな一軒家に引っ越し、嫁さんの治療をしながら回復を祈り、人を避けるように身を潜めて静かに暮らす日々だった。時々自分が消えそうになるそんな日々の中で、自分自身を保つために僕が必要としたのはやはり音楽を作ることだった。

週末になると実家の制作部屋に籠もり、アテもなく音楽制作をひたすら続けた。まずは未完だったConfusionを仕上げ、その後はエレクトロハウスやプログレッシブハウス、テックハウスにバレアリックハウス、ダブステップ、、様々な形態のダンスミュージックを手探りながらも夢中でチャレンジした。

HARDBOILEDは外側に発信することを考えず、自分自身と向き合うためにコツコツと一人孤独に作り上げた内向的なアルバムだ。高校時代の自作曲のリメイクである前述のConfusionはじめ、JULLANカバー曲やゴブリンをオマージュしたホラーテイストの4〜7曲目、全て僕の青春時代の引用である。あの頃の情熱と新時代のサウンドを手にすることを渇望する僕の切実な想いによりそれらは成り立っている。

やがて月日が経ち、嫁さんの病状も普段は病気と意識しないくらいに回復した頃、気がつくとアルバムが出来るくらいの曲が出来上がっていた。

2016年1月、HARDBOILED完成

DISCONATIONから9年の時間をかけ、ようやく暗く長く険しいトンネルの出口にたどり着く。新生HAAPの再スタート。その後の僕の音楽活動はNekon Recordsのファンなら御存知の通り。次作となる「TIMELESS」はHARDBOILEDのサウンドを踏襲し、内側から外側にベクトルを変え、HARDBOILEDに引き寄せられ知り合った仲間たちと共に力を合わせて完成させたアルバムだ。この2枚のアルバムは僕の光と影を映し出す兄弟のような作品と言っていい。

寡作の僕には音楽シーンのメインストリームを歩く才能はない。常に裏街道をマイペースに走る鈍足ランナーだ。しかしHARDBOILEDを制作してた頃とは違い、そんな僕にも今では僕の楽曲に心を動かし、感動し、時には涙を流してくれるリスナーの方たちがいる。規模の大小関係なく、作家としてこれ以上の幸福はない。そんな不器用な昔ながらのテクノクリエイターが苦悩の末作り上げたこの無骨なアルバムが、ネットの片隅でひっそりと生まれていたことを、今回のサブスク化を期に心の片隅に覚えていただけたら光栄の限りである。

最後に、ジャケットとリミックスを担当したryuさん、TIMELESSのライナーノーツを書いてくれたTEBPのハヤシ君、Nekon Recordsとの橋渡しをしてくれた24P君はこのアルバム制作時から僕をサポートしてくれた数少ない友人であり恩人であることを書き加えておく。
今まで何度も言ってるが、改めてありがとう!



posted by HAAP at 22:43| Comment(0) | Diary

2017年03月17日

中学時代に制作されたアルバム音源を公開!&全曲解説!

YMYo_Tapes.jpg
◆品質の良いカセット再生機が市場から消え行く昨今。再生環境がある今の内にと中学時代のカセット音源をデジタル化しているのですが、その中でも特に完成度の高かった中学時代最後に制作されたアルバム音源を、「是非聴いてみたい!」という一部の熱いご要望にお応えして、無謀にもWEB公開しました!
とはいえ、やはり当時14才の作品。非常に幼稚で不条理な内容ですので、さすがに音だけでは鑑賞に耐え難いと思います。そこで当時の記憶を振り返り、ガイドラインとしての全曲解説をいたしました。時代背景を考慮しつつ寛容に、シャレのつもりで聴ける方のみどうぞお楽しみください。

MISTAKES800.jpg

◆寿限無 / MISTAKES (1983)

SIDE A
1.自由になりたい
当時関わっていた友人ならほぼ全員が覚えているであろう中学時代の代表曲。時事ネタ(戸塚ヨット)が入ってたり、群馬弁炸裂だったり、ツッコミどころ満載。この頃はRCサクセションの影響をかなり受けていた。一発で覚えるタイトルのリフレインは聴く者の意志に関わらず脳内ループへと誘うことだろう。
2.STICK READ
曲名は「棒読み」を当て字英語で訳したもの。従兄弟に無理やり喋らせてたラジオ番組のDJが棒読みだったのでそれをネタにした。スリーコードのロックンロールに間の抜けたシンセを乗せることで棒読みのイントネーションを表現した。
3.GOBLINIA
イタリアンホラーのサントラを手がけるゴブリンはこの頃から大好きで、その嗜好が大きく反映された曲。原題を忘れてしまったので、ゴブリンに因んで今回「GOBLINIA」と命名した。このホラー路線は、現在も見事に受け継がれている。この時はまだライン録音出来ることに気付かず、ヤマハCS01を内蔵スピーカーで鳴らしてマイク録音している。
4.悩み相談室
中学時代好きだったコの名台詞をネタに作った曲。マセガキではなかったので、真面目な中学生の愛情表現なんてお恥ずかしながらこんなものです。実は未完ではあるが本人含む女子友達3人(THE INFERNO SISTERS)が歌うバージョンも存在する。このアルバムバージョンは3パート全て自分で歌っている。
5.戦場のハッピーニューイヤー
教授の不朽の名曲を中学生の技量で簡略化しパクったトンデモ曲。禁じられた色彩に因んで制作された歌入りバージョン「君は狂人」も存在する。GOBLINIA同様拙く冗長で退屈だが、自分のシンセ歴の資料としては貴重。
6.自由になりたい(ライブバージョン)
1曲目の本編の前に作られた試作品。更に荒い作りだが初期衝動の勢いはこちらのほうが上。ライブバージョンとなっているが実際はそんなことはなく、曲の最後にフェイクで歓声を足して編集しただけのシロモノ。マスターテープにダブルラジカセで直接編集という恐ろしいことを当時は平然とやっていた。


SIDE B
1.自転車をこぐのよ
英語の授業でリアルタイムに習っていたことをそのまま歌詞に取り入れるあたりはまさしく中学生。こんなバカバカしい歌を真面目にアレンジし伴奏を付けてくれた相方のIINO氏にはホント敬服する。くだらない歌詞ながらも現実逃避がテーマになってたり、シュールでちょっと面白い。
2.DARKNESS WORLD
ジャンク屋で買った壊れたテレビを分解して直すほどの天才的機械少年の友人KIKUCHI氏が改造した1/10倍速オープンリールデッキで再生された不穏な音ネタに、木魚を模したペットボトルやフイルムケースにそば殻を入れた自作マラカス等々、トランス状態でインプロビゼーションを行った実験作。90年代のノイズミュージックに通ずるものがあり、なかなか侮れない。
3.LOOK AT THE BALLOON
そろそろネタ切れになってきたところでのIINO氏からの1曲。中3でサラリとこんな曲を作ってるあたり、彼は早熟だった。たまに半音外れるシンセがこのアルバムの拙さのトータルバランスを際立たせている(弾いてるのはもちろん自分)。
4.間違いだらけの考え
作品を生み出す苦悩を味わったのは恐らくこの曲が初めてではなかろうか?最高傑作を作る意気込みで制作された中学時代最後の力作。バカバカしい歌詞ながら作っている本人は至って大真面目。IINO氏のアレンジによるキャッチーなイントロと緩急の効いた凝った展開には今も驚かされる。1983年11月、中2の冬から始まったこの録音バカ騒ぎは、この曲を以ってひとまずの終焉を迎えた。

Recorded at Fujioka, 1983

寿限無
MASATOSHI IIZUKA (ボーカル、シンセ、ドラム、パーカッション)
MASASHI IINO (ギター、シンセ、ドラム、パーカッション)
Special Thanks
MASASHI KIKUCHI (マスタリング、エンジニアリング、スペシャルエフェクト)

使用機材:
カセットデッキ、ラジカセ、マイク
アコースティックギター
YAMAHA CS01(友人からの借り物)
YAMAHA Portasound(友人からの借り物)
BOSS BF-2(友人からの借り物)
枕&缶ペンケース(ドラム)
自作マラカス(フイルムケース&そば殻)
木琴、ペットボトル、定規、空き缶、等々
修学旅行のお土産パーカッション各種
1/10倍速改造オープンリールデッキ
自作4CHライン入力アダプター
posted by HAAP at 14:00| Comment(0) | Diary

2016年01月01日

A Happy New Year 2016

haap2016.jpg
明けましておめでとうございます。
さて、まだ公式に告知をしていないこのホームページ。おそらくこの記事を見ているのは、僕から年賀状が届いた方だけだと思います。いつもは年賀状は送ってくれた人に返すのみの不精な自分ではありますが、今年は自分の申年でもありますしw、9年ぶりにアルバムが完成することもありまして、主にオフラインの友人を中心に以前にHAAPのCDを買ってくれた人、興味を持ってくれた人に無差別で送っております。因って年賀状の返信は無用です。
中学時代から遊びで始めた音楽歴もかれこれ30年。我ながら懲りずに続けているものですw
ただ、継続は力なり。昔と変わったのは、20代の頃は否定的な意見も(大人を中心にw)多く耳にしましたが、今では、周囲の殆どの人が僕の音楽活動を肯定、応援してくれています。(フリーターで勝手気ままに音楽やってた昔と、社会的責任を果たしながら続けてる今とでは比べようもないですがw)
とにかく本当に励みになります。この場を借りてお礼を言わせてください。ありがとうございます。
さてさて、折角ご覧になって貰ったこのサイト。見ての通り、自身の音楽にまつわる専門的な内容がほとんどです。馴染みのない方はあまり面白くないかも知れません。しばらくはこんな感じで更新していきます。Web上でのアルバム告知もまだ開始していませんが、先駆けての年賀状の情報の通りアルバムリリースは3月を予定しておりますので、時期が来ましたらこのページの目立つ場所に情報を追加提供していきます。
※スマホページは記事しか表示しませんので、ページ下部の「デスクトップ版」をタップしてください。
CDの購入方法、楽曲のダウンロード方法も併せてこちらで案内する予定ですので、興味のある方はお暇なときにでもたまに覗いていただけたら幸いです。
ではでは。簡単ですが、今年一年、充実した年になるよう思いを込めて。

2016年 元旦
posted by HAAP at 00:00| Comment(0) | Diary