2016年02月21日

D16 Toraverb

toraverb.jpg
スコーーーーーン!と数秒間鳴り響く洞窟系ロングリバーブ。
普通の使い方だと残響が回りすぎて、曲のインパクトを求めたピンポイント以外では使いづらいものでしたが、サイドチェインを多用するようになって、使用頻度が激増したエフェクトです。
Deadmau5をはじめとするプログレッシブハウスでは既に定番技ですが、サイドチェインバスに送ってポンピングさせるとアラ不思議。ディレイのように空間を埋められてディレイよりもスッキリとシンセリフを生かせる場合が多くて重宝してます。しかもこの使い方だと音の隙間を自然に埋めてくれるので非常に効果的。用途にもよるけど逆に使いすぎると空間が煩雑になるディレイの使用頻度は激減して、安易には使わなくなりました。
そのロングリバーブで多用してしまうのがこの「D16 Toraverb
パラメーター配置が無骨でパッと見分かりづらくて少々取っつきにくいんですが、とてもシンセティックな響きがあり電子楽器と凄く相性が良いんですよね。他にもピアノやエレピ、アコギ等に使用すると途端にシンセ的な響きが加わり非常に気持ちいい。サイトの説明にも書いてありますが、残響に付加してるモジュレーションがキモなのかな?
傾向として上品な方向性ではなくデフォルメされた音作りなんですが、それがかえってクラブミュージックと非常に相性が良い。ガッツリと大げさにって感じです。
ただ、あまりにも安易にハマってしまうので、使いすぎないよう最近では気をつけてますw
このメーカー、他にも初期サンプラーのような質感にするビットクラッシャー「Decimort(Ver2になってジッターノイズまで再現してるw)」とか個性的なプラグインを多数作ってて、以前からお気に入りです。
posted by HAAP at 11:33| Comment(0) | Tools
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: